スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】PJ、ワコール不買運動に失速感

尾学氏逮捕に関連して勃発しているピーチジョン、ワコールに対する不買運動だが、ここにきてそのムーブメントに失速感が見え始めている。
 
2ちゃんねるやYahoo掲示板などで呼びかけが行われていたピーチジョンとその親会社であるワコール社に対する不買運動だが、残念ながらその後の盛り上がりに欠けており、このまま失速してしまいそうな様相だ。男性ユーザー、もしくは主婦層の利用が多いといわれる2ちゃんねるやYahoo!掲示板にとって、若年女性層を中心に顧客を持つPJに対する不買運動を先導することはやはり難しいか。

アクセスが集中していたピーチジョン野口社長の息子・野口卓也氏のブログではアクセス数が事件発覚後の8月5日からすでに10分の1程度にまで下がっており、卓也氏自身もすでに事態の沈静化宣言を行っている【参照】。卓也氏はアクセス急増当初は、そのアクセス急増にびっくりしながらも

>世の中どうなってるんだ…笑
>わけわかめさん。

と、若干「あおり」気味の発言も行っていた【参照】。

ピーチジョン取締役の佐藤和代氏はそのブログの中で、

>「お母さんの友人が犯罪者となってしまったんだから
> 子供であるキミが何を一生懸命作っても、もう誰も見ないよ」
>と言われてしまうのなら
>それは悲しいけれど仕方のないことだ。
>運命を選ぶことなんてできないから。
>でも私は信じている。
>うちのお客様にそんな人はいない。

と、創業者である野口氏を「お母さん」に例えながら、事態の収集を祈る書き込みを行っている【参照】。その後、ネット上ではPJ不買運動に関連する様々なサイトが次々に閉鎖する怪現象が相次いだ【参照】。

押尾氏に事件の舞台となる「ヤリ部屋」を提供したとして勃発したPJ、ワコールの不買活動であるが、世間は同じ麻薬に関連した酒井法子氏事件一色であり、残念ながら現時点では企業側の思惑通りに不買運動どころか事件そのものが風化してしまいそうな気配だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。